気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

怖いけど見たい! 札幌の絶景スポット 海の幸 氷のホテル モーニングショー

   

モーニングショーの『ワンダふるさと』札幌観光。

北海道観光大使の伊吹吾郎が島谷ひとみを案内します。

 

★恐怖の絶景スポット

『大倉山ジャンプ競技場』は

1972年の冬季五輪 札幌大会 会場でした。

大倉山展望台リフト

(往復)大人500円・小人300円

大会のない日は、山頂になる展望台まで

選手が使うリフトで上がることが出来ます。

FullSizeRender (142)
限られた人しか入れない特別な場所

ジャンプ選手の目線で楽しめる恐怖の絶景!

標高差(着地点までの高低差)は、133.6m。

最大斜度は、35度。

ビルの44階から飛び出すジャンプ選手の臨場感を体験。

 

島谷ひとみ

「わぁ綺麗! 高い。

足がガクガクしちゃってます。

 

◎スタート地点の見学イベントは不定期です。

 

★札幌のグルメ自慢

吾郎さん行きつけのカニの専門店『かに亭』

 

〇焼きタラバガニ 7020円~7560円

〇茹で毛ガニ 8100円~1万2960円

(仕入れ状況によって価格が異なります)

〇刺身盛り合わせ 1人前 2160円

〇カニの刺身 7020円~7560円

FullSizeRender (143)
 

☆伊吹流 海の幸を楽しむ極意

エビは殻ごと食べる

「皮と身の一番いいところを皆捨てちゃう。」

 

☆カニは気取らずに食べる

「恥も外聞もなく食わないと

気取って食ってたんじゃ美味しくない。」

 

☆甲羅酒

カニ味噌まで食べたら甲羅に熱燗を入れて飲む。

「うあいなぁ~。」

本当に美味しそうに独り占めしてました。

 

★期間限定の超贅沢グルメ

今しか食べられない超贅沢な蒲鉾

 

中央区北五条西 『北洋食産 札幌エスタ店』

☆たちかま 1袋 4個入り 1080円

スケトウダラの白子を使った蒲鉾

魚のすり身を一切使っていない蒲鉾。

新鮮な白子が手に入る12月~2月ころまで季節限定

FullSizeRender (144)
裏ごしした白子+塩+片栗粉を加えて練る。

団子状に丸め熱湯で茹でれば完成。

利尻島で昔から作っているもので

保存食として食べられています。

 

島谷

「フワフワだけど弾力があって美味しい。

クリーミーな甘みもあって。」

 

★札幌市民の常識 ちくわパン 151円

『どんぐり 大通店』

週末は1日 5000個売れる人気パン。

「う~ん、柔らかい。中にツナが入っていて

すごい新しい食感で美味しい。合う。」

FullSizeRender (145)
 

発案者は

「手作り感を出した家庭的な物を作ろうと。」

試行錯誤の結果

パン+ちくわ+ツナサラダの奇跡のコラボが誕生。

 

 

★北海道の常識 冬になると自転車を預ける

「雪の影響で錆びてしまったり

雪の重みでつぶれてしまうことがあるので。」

 

『みやたサイクル』では1台3,500円で

11月~4月まで自転車を預かってくれるます。

*自転車店も冬の間は売り上げが落ちるので

貴重な収入源になります。

 

45日間限定 超ロマンチックスポット

石狩郡当別町

『北海道ブブプレゼンツ アイヒルズホテルin当別』

FullSizeRender (146)
部屋の広さは20㎡

建物・ベッド・オブジェすべて氷で出来ています。

2月28日まで開催中

滞在体:一泊二日 1万9000円~

 

☆レセプション棟 『アイスバー』

グラスも氷で出来ています。

島谷「二人だけの世界って感じですね。」

吾郎さん「北海道は何処の土地に行っても

海の幸を食べられる利点がある。自然の宝庫。

何かあった時、北海道へ行けば癒されるという

冬の北海道に乾杯!」

FullSizeRender (147)
 

◎ジャンプ台もグルメも良いなと思いました。

でも氷のベッドやグラスは、めちゃくちゃ冷たそうなんだけど

実際はどうなんでしょう。 (kyou)

 - 観光地, 食品