気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン 0,5mmの芸術 シャーペンの芯で究極の極細アート

   

10/11『あさチャン』ではシャープペンシルの芯で作る究極の極細アートを紹介してくれました。

 

★台湾の鉛筆彫刻作家 李健竹さん

51
6年前に趣味の鉛筆アートを始めました。

 

49
 

50
アップにすると↓

56
ブランコに乗る少女

55
ブランコが揺れています

 

52
 

 

★新作はシャープペンの芯

太さ=0,5mm

 

≪作り方≫

①カッターで芯を平らにする

54
 

②細く加工した針で彫る

57
 

*1文字 彫るのに掛かる時間は約40分。

*途中で芯が折れる経験は度々あります。

最初の頃 彫刻の最中で失敗してしまうことは胸を刺されるほど悔しかったそうです。

 

1文字=1mmのため神経を擦り減らす上に目が疲れます。

「目を休ませないといけないので働き過ぎは要注意!」と李さんは言っています。

 

53
アルファベットなどが並びました。

 

Q,なぜ極細アートに取り組むのか?

芸術作品に生まれ変わった作品を友達にプレゼントした時に 皆が見せる驚いた表情が嬉しいから。

それが新たな作品への意欲に繋がっている。

 

(番組は ここまで)

 

*************************

◎凄く繊細な作品ばかりで 中でもブランコが揺れたのには本当に驚かされました。

製作途中に芯が折れると心も折れそうです。

またプレゼントしてもらった方も感動と一緒に 芯を折らないように心配もついて来ますね。

 

◎李さん 年を取って後悔しないように 本当に本当に目は大切にしてくださいね。(kyoko)

 

 - 海外, 芸能