気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン 密着!スーパー園児が育つ驚きの教育法 鹿児島から全国へ

   

10/6『あさチャン』鹿児島にあるスーパー保育園を取材してくれました。

独特な教育法を真似する保育園や幼稚園が全国381か所に広がりました。

 

★鹿児島県・志布志(しぶし)市『伊崎田保育園』

独特の教育法は36年前にスタート。

創設者は横峯吉史理事長。

プロゴルファーの横峯さくらさん(30歳)は姪にあたります。

彼女は系列の通山保育園を卒園。

 

横峯理事長

「子供をしっかり観察して環境を設定さえすれば子供は何でも出来てしまう。まさしく子供は天才。」

 

☆逆立ち歩き

1
5歳児

 

2
早い子では3歳からマスター。

 

☆10段の跳び箱

3
 

☆そろばん

3桁 X 2桁

 

☆アイマスクで鍵盤ハーモニカ4
この日は山口百恵さんの『秋桜』を完璧に弾きこなしていました。

 

 

⊛スーパー園児を育てる以外の目的は?

諦めない心を育てることです。

難しいことを乗り越えられた時の達成感(成功体験)が「やる気」「諦めない心」に繋がっていきます。

 

⊛保育園が3つのやる気スイッチを押す

①子供は競争したがる

毎朝行われる「かけっこ」は先生が必ず順位をつけていきます。

5
年齢によってハンディを付けて同時に走らせるとゴール前が混戦に。

年少さんでも上級生に勝てたという成功体験ができます。

 

②子供は真似したがる

6
手を使わずに宙返りをする5歳の男の子

まだこの技が出来ない子達は悔しい思いをするので真似して頑張ります。

卒園までに8割の子が宙返りをクリアします。

 

子供は認められたがる

7
何かを成し遂げたら皆で褒めます。

この感覚を味わいたくて皆頑張れます。

 

 

★毎年9月に行われる登山

標高1700mの韓国(からくに)岳。

9
大人でも過酷な山道。

バランスを崩し次々転ぶ園児たち。

大きな岩が行く手を阻みます。

 

運動が苦手な5歳の園児がペースダウン。

園長が「皆に置いていかれる。頑張れ!」と激励。

 

*取材をしている男性ディレクターも

「かなり岩山がキツイ。」と息を切らしていました。

 

*親友が戻って来て応援してくれました。

『人を思いやる心』も育ちます。

 

⊛登山開始から2時間

8
全ての子供たちが登頂に成功!

 

1人遅れていた園児の感想は「楽しかった!」

自宅で成功を願っていたママは

「ずっと心配していたので本当に安心しました。もう泣かない強い子になってくれれば。」

 

★織田信成さんに感想を訊くと

「諦めない心や人を思いやる心を養えるのは凄く素敵だと思う。自分の子供を入れるとなった時に落ちこぼれになってしまう。周りが凄いじゃないですか。ちょっと不安になって。自分の子供がここにいたら多分ダメなんだろうな。」

 

*夏目アナからフォローがありました。

 

(番組はここまで)

 

*************************

◎織田信成さん 正直で良いと思います。

でも番組の趣旨からすると真逆ですよね。

確かに皆が皆 運動が得意なわけではないですから親として判断は難しいなと思います。

登山で遅れていた男児は10段の跳び箱も飛べなくてションボリしていました。

園長に大きな声で名前を呼ばれて男児も大きな声で返事をしていました。

きっと初めは小さな声だったけど何度も繰り返して大きな声が出るようになったんだと思いました。

毎日辛くないのかな?

それとも登山で自信がついたのかな?

その後が気になりました。(kyoko)

 

 - 地域, 生活