気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

『火星カレー』が男性に人気 『ヒルナンデス』

   

『ヒルナンデス』で男性に人気のカレー屋さんを紹介していました。

池袋にあるその店の名前は『火星カレー』

地下一階にお店があります。

お客さんの8割が男性です。

 

★こだわりのルウはドライカレーよりも水分が多く

キーマカレーに似ていますが、挽肉を使っていないので

キーマカレーでは無いと店長は説明していました。

 

地球上に無いカレーなので『火星カレー』だそうです。

 

「野菜の他に鶏肉と豚肉、魚介類まで砕いてルウに入れているのは

当店のオリジナル」だと店長。

 

細かく砕いた人参に、ニンニク、玉ねぎを加え

オーブンでしっかり焼き上げた豚肉と鶏肉をフードプロセッサーで砕き鍋に。

そこへホタテなど(企業秘密)の魚介類を細かく砕いて混ぜる。

15種類のスパイスを合わせて1時間煮込んだ後

冷蔵庫で2日間寝かせます。

 

水を一切加えず食材から出た水分だけで出来た濃厚なカレーです。

 

お肉にもこだわりが。

★8種類あるお肉。

ただ肉を変えているだけではなくて

肉ごとに細かく調理法を変えています。

 

○鶏肉、120gに、パルメザンチーズにパン粉を掛けてバーナーで焼いています。

ルウもパンチがあり、肉も負けていない

 

○豚肉、牛肉は赤ワインで煮込み柔らかくジューシーに。

 

○鴨肉、火を通した肉を更にバーナーで焼き山椒をきかせている

 

○羊肉、オーストラリア産 トマトとオリーブオイルでじっくり煮込んだ

サッパリしていて 臭みがない

 

○鹿肉、カナダ産 赤ワインで煮込んでいる柔らかく食べやすい

さっぱりしていて 臭みが無い

 

○馬肉、リンゴの発泡酒で煮込む

さっぱりしていて柔らかい

 

ルウの辛さは甘口、中辛、大辛、土星、冥王星の5段階。

冥王星の辛さは「遠くに行く感じ」

ハバネロオイルをたっぷり混ぜている

 

カンガルーは隠れた人気メニュー

オーストラリア産のカンガルーのモモ肉

見た目は牛肉や鯨肉のようだが

柔らかく美味しい 食べやすい

 

ショウガなどで臭みを取り、ホロホロニなるまで白ワイン2時間煮込む。

昔オーストラリアに住んでいた店長がカンガルー肉に惚れ込み

メニューのひとつに加えたそうです。

 

多い時には1日に10人くらい注文がある隠れ人気メニューです。

お値段は1,080円

鶏肉カレーは880円

ボリュームと手間を考えるとリーズナブルなお値段ですね。

 

辛さとお肉の種類とボリュームの多さが男性客に人気なんですね。

色々なお肉を試してみたいと思いました。

 - 食品