気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

奇跡の大逆転 U-23 韓国撃破の舞台裏 浅野選手の素顔モーニングショー

      2016/02/21

奇跡の大逆転 サッカーU-23 オリンピック予選で34戦無敗の韓国に勝利!

モーニングショーで特集していました。

ゴールの瞬間、思わず立ち上がり喜びを表す前園真聖と川平慈英

冷静な隣のセルジオ越後が面白い。

FullSizeRender (2)
 

韓国に 0-2 と突き放された日本。

後半15分、監督がFWの浅野選手を途中投入。

これで流れが変わります。

 

14分間で3得点。

試合後のインタビューで指揮官は

「2点取られてむかついていたが、とにかく優勝してすっきりしました。」

 

★先月22日の準々決勝のイラン戦は負ければオリンピックの道が絶たれます。

そこでも監督の采配は冴えわたります。

後半43分 0-0同点で

手倉森監督は矢島に代えて豊川を投入しました。

 

延長前半6分 豊川先制ゴール!

その後、2点を追加して 3-0で勝利!

 

★先月26日の準決勝では勝てば五輪出場が決定します。

監督は準々決勝のイラン戦から4人メンバーを代えました。

この采配もズバリ的中!

後半48分 原川が決勝ゴール!

 

★決勝韓国戦

前半20分 韓国1点目。

後半2分  韓国2点目。

大逆転の立役者は、またしても途中出場の選手でした。

監督はMF大島に代えてFWの浅野を投入しました。

後半22分、後半36分、途中出場で2ゴール!

 

FullSizeRender (4)
 

試合後のインタビューで浅野選手は

Q,最高の電話が家族にできますね。

A,家族も待たせていたので良い報告ができます。

 

○浅野選手は7人兄弟の大家族。

選手寮の部屋は家族の写真や手紙で埋め尽くされています。

試合前日には必ず17歳年下の妹とテレビ電話をするそうです。

男兄弟ばかりで、やっと生まれた妹が可愛くて仕方ないみたです。

FullSizeRender (3)
 

FullSizeRender (5)
 

決して裕福な家庭ではありませんでした。

浅野拓磨選手

「家庭が苦しかったりだとか、小学校中学校では

遠征に行けないことがしょっちゅうありました。

でもサッカーを続けさせてくれました。

感謝してもしきれないくらい両親にはお世話になりましたし

自分の頑張っている姿を見せることが一番の親孝行になると思うので

日本代表として戦っている姿を見せることが出来ればそれが最高です。

そうできるように頑張っていきたいと思います。」

 

FullSizeRender (6)
 

★監督の采配

登録23選手中、22選手が試合に出場。

 

★手倉森誠監督(48)はこんな

1986年~住友金属(鹿島アントラーズ》時代

○趣味はパチンコ・競馬などのギャンブル

パチンコ店に入りびたり同僚が捜しに来ることも。

同僚ジーコが捜しに来ても

ジーコの目から逃れるためにパチンコ台の下に隠れる。

 

○1992年、鹿島アントラーズから戦力外通告を受ける。

やけになり中山競馬場で2日間で1,200万円負ける。

全財産を失い、以降ギャンブルは辞める。

 

FullSizeRender (7)
 

1995年、引退。

指導者に転身後、才能が開花しました。

2008年、ベガルタ仙台監督に就任。

2009年、就任2年目でJ2優勝。

2010年、J1昇格。

2011年、開幕から12戦連続不敗記録(4位)

 

2013年、U-21 日本代表監督に就任。

就任会見では

「一番強いチームを作りたいです。

日本という特徴を存分に発揮できるチーム作り。」

徹底した守備と大胆な選手起用が持ち味。

 

◎後半の途中起用が上手くいっていますね。

でも観ている方は、もう半分、諦めていたかも。

ハラハラしたけど、爽快な試合でした!(kyou)

 - スポーツ