気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

ビビット レスリング金メダル 登坂絵莉選手の幼少期とインタビュー

   

8/18『ビビット』でレスリング女子48kg級 金メダリストの登坂絵莉選手(22歳)を紹介してくれました。

★初のオリンピックで金メダルを獲得

tous5
☆勝利のインタビュー

「ありがとうございます。良かったです。本当に皆さんの応援が力になって苦しくても諦めるもんかと思ってやりました。」

 

Q,涙も出ましたか?

「いろんな人の顔が浮かんできて ほんとに感謝です。」

 

Q,一番に浮かんだのは誰の顔ですか?

「一番は応援に来てくれて ずっと弱いときから信じてくれた家族です。」

 

 

★9歳 レスリングと出会う

tous1
国体の優勝経験がある父・修さんが兄にレスリングをやらせたいと練習の見学に連れて行ったのが始まりでした。

たまたま隣にいた絵莉さんががやってみたいという話になったそうです。

当初は体の大きな相手になかなか勝つことが出来ませんでした。

 

登坂選手が諦めなかったのは憧れの選手がいたからです。

tous2
10歳の登坂選手と21歳の吉田選手

 

登坂選手がレスリングを始めた翌年 レスリング女子が初めてオリンピック種目になったアテネ五輪で吉田沙保里選手が金メダルを取りました。

世界大会16連覇 個人戦203連勝の吉田選手は登坂選手の憧れで目標の選手です。

 

憧れの人と練習したいと中学卒業後に親元を離れて吉田選手が練習している強豪・至学館高校へ

日本一厳しい練習

tous3
 

tous4
(この画像はちゃんと出来ている懸垂です)

 

吉田選手が後輩に

「懸垂の一本目でこれぐらいで終わってた人が 今度二本目 ここまで伸ばせって言っても絶対できないから懸垂とか走りとか大事だから朝練を馬鹿にしないように一生懸命やる。わかった?」

世界女王でありながら誰よりも ひたむきに取り組む吉田選手の一挙手一投足は登坂選手の教科書になっています。

 

★世界選手権 3連覇(2013・14・15)

アジア大会 優勝(2014)

全日本選手権 4連覇(2012・13・14・15)

 

 

★ひとり悩んだこと

沙保里選手のように強かったら良いけれどレスリングだけで仕事を考えると高校までにしようかなと。

そんな時に届いた父からの一通のメール

『進路はエリのすきなようにして下さい。

ではケガに注意して!

毎日誰よりも努力して!

エリが一番とれる日を願ってます。』

 

登坂選手

「怪我してるときとか迷っているときにバシッと決めてくれるのはお父さん。自分にとって凄い大事な一通。」

 

*************************

◎最後まで諦めないことの大切さを改めて教えてくれたレスリング女子の試合でした。

今朝は逆転で金メダルが3つも取れてビックリ&おめでとうございます。(kyoko)

 

 - スポーツ