気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン シンクロデュエット 井村コーチが乾選手に送った絵手紙

   

8/16『あさチャン』はシンクロデュエットの乾・三井ペアと井村コーチを取材してくれました。

 

★井村雅代コーチ

熱血指導の鬼コーチ

1986年 ロサンゼルス大会から6大会連続メダル獲得に導きました。

ところが2006年に中国のヘッドコーチに。

 

なぜ日本を離れて中国のコーチになったのか理由を訊きました。

井村コーチ

「日本のシンクロにおける芸術性のあり方 戦い方をグローバルにしておかなければ。確固たる地位に置いておきたかった。」

 

◎う~ん分かりません。そのおかげで無名の中国がメダルを獲得して日本がメダルを獲得出来なくなったんじゃ意味がないと思いますけど。

確か当時もう一人のコーチと意見が合わずに出て行ったような記憶がありますが。

私の記憶違いでしょうか??

 

そして日本のシンクロを立て直すために10年ぶりに帰って来ました。

 

★井村コーチが掲げた日本の課題

①肉体改造 一日7時間の筋力トレーニング

②精神力の強化 6月の代表合宿では1日12時間の過酷な練習で心を鍛える

 

 

★シンクロデュエット乾&三井ペア

sin9
☆乾友紀子選手(25歳)マーメイドジャパンのエース

小学6年生の時から井村コーチに才能を見出され育てられて来ました。

井村コーチ

「一から教えたら全部入ったんです。全部吸収して勘の良い子やなぁ。」

 

⊛乾選手の宝物

中学1年生の時に井村コーチから渡された手紙

sin10
『ワンちゃんへ 堂々とすること だってワンちゃんは日本代表選手なのだから 勢いのある演技を目指しましょう』

 

乾選手

「中学生の私に書いていただけるとは思っていなかったのでいつも目に見えるところに飾って これを見て頑張らないといけないなと。」

 

 

☆三井梨紗子選手(22歳)

全体練習の中でも井村コーチから人一倍指導を受けます。

それに必死に応えようと努力を重ねています。

井村コーチ

「何かしてでも上に上がっていこうという表れです。心の才能がある。」

 

三井選手は井村コーチに言われたことを一つ一つパソコンに保存し同じ失敗をしないように練習に生かしています。

 

Q,一番衝撃を受けた言葉は?

A,『全力でやってない』

自分の中では全力なのに何で井村先生はそうやって言うんだろうと不思議に思っていた。

自分が思っていた限界は限界じゃなくて限界を超えて終わってみたら1つ成長したなと思う日が多かった。

 

 

★井村コーチは2人のことを

お互いにないものを補う良いペアだと思う。

先陣を切る2人としては良い戦いをしてもらいたい。

 

 

★2人は井村コーチに

シンクロ・デュエット決勝の今日8月16日は井村コーチの誕生日。

誕生日プレゼントに最高の物(メダル)を渡したい。

 

 

★メダル獲得のためには

予選のテクニカルと決勝のフリーの合計点で順位が決定します。

日本は予選で4位でしたが3位のウクライナと0.0144点差しかありません。

予選のフリーではウクライナに1.2642点差で日本が勝ち3位になりました。

 

予選通りの演技が出来れば逆転が可能です。

 

*************************

◎苦しい練習に耐えた選手たち

是非メダルを取れることを願っています。(kyoko)

 

 

 - スポーツ