気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

サタデープラス キウイが血管を守る NZで血管年齢測定 結果は?

   

7/23『サタデープラス』は血管を守る食材『キウイ』について

医学博士・管理栄養士の本多京子先生にお話を伺いました。

そしてキウイの原産国ニュージーランドで血管年齢を測定しました。

 

fruit_kiwi
 

 

本多先生は外食を殆ど食べないようにしているそうです。

どこの誰が作ったか分からないよう物はなるべく食べないように 家にいる限りは絶対に全部自分で作ります。

そんな先生のお宅の冷蔵庫を拝見

 

水ダシ

作り方:水の入ったペットボトルに昆布や煮干しを入れて一晩置くだけ

*旨味を効かせて美味しく減塩できます。

 

★魚は冷蔵庫ではなく缶詰で保管

旬の魚を直ぐに缶詰にしているので空気に触れていないため酸化していないEPA・DHAを摂取できます。

*200個以上保管しています。

 

★血管を守る食材は「キウイ」

高血糖・高血圧・高中性脂肪の症状を改善する効果が期待出来て血管を守ります。

血管の若さを保つ栄養素 食物繊維 カリウム ビタミンCを豊富に含む最強食材。

 

 

★先生オススメの食べ方は

①食前キウイ

食事の前にキウイを食べると食事を食べた後の血糖値の上昇が抑えられると期待できます。

 

キウイスカッシュ

凍らせたキウイを氷代わりにして炭酸水を入れるだけ。

 

 

☆本当に血管に良いのか「キウイの原産国ニュージーランド」で検証

キウイ農家のご夫婦など血管年齢を測定させていただきました。

 

夫 69歳 → 47歳

妻 58歳 → 41歳

 

夫 60歳 → 44歳

妻 63歳 → 45歳

 

女性 70歳 → 39歳

 

*皆さん大喜びされていました!

 

 

☆キウイの栄養充足率

ビタミンCや食物繊維など栄養素がどれくらい含まれているかを表した栄誉充足率を他の果物と比較

リンゴ:1,8  レモン:5,1  キウイ:10,6

主要フルーツの中でNO,1

 

*ニュージーランドでは今年 各国の医師や大学教授が集まってキウイの健康効果のシンポジウムまで開催されました。

 

☆ニュージーランドでのキウイの食べ方

牛肉をキウイに一晩漬け込むと とても柔らかくなります。

アクチニジンという酵素がタンパク質を分解してお肉が柔らかくなります。

 

 

★10日間キウイ生活 一般モニターの方(日本で検証)

1日2個の食前キウイを実践した結果

<へそ周り>

Aさん:84,5cm → 81cm

Bさん:85,6cm → 80,5cm

Cさん:78,5cm → 79,5cm

 

<体重>

Aさん:-1,6kg

Bさん:-0,6kg

Cさん:-0,4kg

 

<下腹>

Aさん:-1cm

Bさん:±0cm

Cさん:-1cm

 

⊛個人差はありますが概ね体重や へそ周りが減っています。

<理由>

キウイは食物繊維が豊富なのでお通じが良くなって腸内環境も良くなったからだそうです。

 

*************************

◎キウイは便秘に良いと思っていましたが血管を守る働きもあるんですね。

NZの奥様のように1日4個は無理だけれど毎日2個なら続けられそうです。(kyoko)

 

 - 健康, 海外, 食品