気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

無料フリーズドライ『まごころ出前』アマノフーズ 実母の味を個人にお届け

   

フリーズドライの最大手『アマノフーズ』が『まごころ出前』を始めました。

本当のおふくろの味を再現して個人にお届けするというものです。

その商品開発の様子を『あさチャン』が取材していました。

 

『アマノフーズ』は色々な商品を開発しています。

☆3種のクリームパスタ 200円

☆一人鍋豚しゃぶ仕立て 2食セット 1,741円 (通販のみ・数量限定)

(お肉はジューシー、野菜はシャキシャキ)

☆チキンカツの玉子とじ 2食入り 926円 (通販のみ・数量限定)

(お湯をかけるのに衣はサクサク)

 

今までの汁物と違った意外な商品も作って来ました。

でも認知度はまだまだ低いというのが現状です。

そこで話題作りをかねてある取り組みをはじめました。

それが『まごころ出前』です。

 

まごころ出前』とは

離れて暮らす家族や恋人に、おふくろの味や思い出の味を

フリーズドライにして無料で届けるという企画です。

 

インターネットで希望者を募り無料で作ってくれます

今まで

☆ふるさとのお母さんの味 かす汁

☆沖縄の家庭の味 アーサー汁とタコライス

など次々とフリーズドライにして届けて来ました。

 

今回、企画に応募して来たのは、仙台から3年前に上京してきた川村さんです。

「乱れた食生活に母親の味があると嬉しいと思って

簡単にお湯を入れるだけで食べられる。」

オーダーした料理は、お母さんの『おくずかけ』宮城県の郷土料理です。

宮城県特産の温麺に野菜たっぷりのあんをかけて食べる故郷の味。

 

『おくずかけ』のフリーズドライに挑むのは

フリーズドライの伝道師『島村雅人』さん。

仙台の川村さんの実家行き、お母さんのレシピを直接学びます。

 

食材の切り方や作り方など写真を撮って質問し

五感をフルに使ってしっかり記録していきます。

川村さん「見てるのは作り方と具材の入れ方、煮込み方

下処理のやり方を確認しながら。」

 

職場に戻り『おくずかけ』の試作を開始します。

ポイント

①麺とあんを分けるため麺を先に冷凍

②風味・旨味を出すために生鮮野菜を使う

③ゆで時間が違う食材は別々にゆでる

④(凍らせて置いた面の上に野菜を載せて)

野菜の食感をキープするため『つゆ』は最後に入れる

 

マイナス30℃の冷凍庫で8時間以上かけてゆっくり冷凍

最後に『真空凍結乾燥機』で丸一日以上かけて水分を抜き完成。

試食をして改善点を洗い出し完成形に近づけていきます。

 

依頼を受けておよそ一か月、川村さんに食べてもらいました。

「年末に実家で食べた味がします。

ちょうど忙しい時期なので、これで頑張れる。」と喜んでいました。

開発者の島村さんは

「全部食べていただいたのが開発した本人からすると

メチャクチャ嬉しい。」と満面の笑みでした。

 

無料が嬉しい『まごころ出前』はこちら

http://amanoshokudo.jp/journey/

 

○確かに嬉しい、まごころ出前

でも病気や怪我で外出できない人とかが利用すれば良いと思ってしまう。

若くて元気な人は顔を見せに帰ってあげた方が良いような気がします。

海外で長期に暮らす人には良いですね。

アマノフーズの技術力の高さが分かりました。

 - トレンド, 食品