気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

シューイチ イチロー 奇跡のスパイク ビモロシューズの秘密

   

6/26『シューイチ』イチローの大記録を支える奇跡のスパイクの秘密に迫ります。

 

★鳥取市 ワールドウィング(トレーニング研究施設)

イチロー選手のスパイクを開発した小山裕史さんにお話を伺いました。

バイオメカニクスの研究者である小山さんが提唱するのは『初動負荷理論に基づいたトレーニング』です。

イチロー選手や山本昌元投手など数々のアスリートが取り入れています。

 

その理論の延長線上に作られたのがイチロー選手愛用のスパイク。

bi3
実際に先月 イチロー選手が履いていた靴

アッパー素材の柔らかさを求めるタイプの靴なので少し伸びてくると感触が変わってきます。

4、5試合に1足 作っているそうです。

 

秀さんは 見た目では傷みは感じなかったそうです。

 

★他のスパイクと どう違うのか?

 

秘密は ビモロバーと呼ばれている3本のバー

機能を引き出す特質があります。

 

bi1
右 ビモロランニング 19480円

 

秀さんが普通のスニーカーとの履き比べを体感しました。

 

⊛普通のスニーカー(約280g)を履いて前屈

 

⊛ビモロシューズ(約155g)を履いて軽くランニング(室内)してみました。

 

*秀さん「親指が凄く楽をしている感じがします。」とのことです。

*普通のシューズは親指でぐっとやるので脚の関節や膝の関節が折れてよく故障してしまいます。

 

⊛もう一度 前屈をすると先ほどより よく曲がっていました。

 

 

歩く際の体重移動の変化は

⊛普通のシューズの場合

踵から つま先の親指に向けて体重が移動します。

 

⊛ビモロシューズの場合は

体重は踵から薬指に向けて移動し 親指へと抜けていきます。

 

*小山先生は この体重移動が歩行の理想的な形であると発見!

シューズに合った3本のバーは その体重移動をサポートしています。

薬指の付け根が先について この後まっすぐになります。

まっすぐになると あまり筋肉を使わないで骨盤をぽーんと(前に)跳ばしてくれるそうです。

 

*このスパイクを使い始めたイチロー選手は

足の疲れが軽減されて動きにキレが出たと話しているそうです。

 

 

★初動負荷トレーニング

重いウェイトを持ち上げて筋肉をつけるというものではありません。

体に余分な負荷をかけずに筋肉の機能を高めるトレーニング。

 

秀さんが体験しました。

bi5
肩に軽い負荷をかけながら可動域を広げ しなやかさを養うトレーニング

*引くのではなく広げるかのように

 

およそ3分間で体に変化が

「ボールを投げたら10キロくらい速くなりそうなくらい楽。」

 

bi6
骨盤の動きを引き出し太ももの機能を上げるトレーニング

 

⊛イチロー選手も毎日やっています。

代打のタイミングに合わせて初動負荷を行ってから打席に入っています。

 

bi7
ひねりながら脚を伸ばすことで骨盤と足の機能を上げるトレーニング

 

秀さんは1時間ほどトレーニングをしましたが嫌にならず良い汗をかいたそうで爽やかでした。

 

⊛この施設はアスリートだけでなくリハビリや高齢者の機能改善などに使われています。

 

ワールドウィング公式サイト

 

*************************

◎体に負担のないトレーニングとシューズ。

本当にアスリートだけでなく皆が望んでいることですね。

素晴らしい仕事だなと思いました。

 

◎イチロー選手が4,5試合ごとに履き替えているのには驚きました。(kyoko)

 - スポーツ