気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

めざましTV 旅するルイ・ヴィトン展 歴史が全て無料で見られる

   

6/16『めざましTV』で『旅するルイ・ヴィトン展』を紹介してくれました。

 

lo1
千代田区・麹町で現在 展覧会が行われている特設会場

 

ルイ・ヴィトン(1821~1892)

1854年 世界初 旅行鞄専門店を創業しました。

 

①入口直ぐに『ルイ・ヴィトン』の肖像画が飾られています。

lo2
そしてルイ・ヴィトンの様々な写真が飾られています。

 

②このエリアは創業当時から1890年頃までに作られたクラシックなトランクが展示されています。

lo3
 

lo4
1860年頃に作られた丸みを帯びたトランク

当時から「軽くて丈夫だ」と偽物が出回る程の人気でした。

 

偽物を防ぐために作られたトランクがこちら

lo5
1888年 ダミエ・キャンバスを創作

登録商標 ルイ・ヴィトンという文字を刻んで本物であることをアピールしました。

 

lo6
1896年 モノグラム・キャンバスを創作

2代目の息子 ジョルジュ・ヴィトンが生みだしました。

ルイ・ヴィトンのロゴと星と花をモチーフにしたデザインは ルイ・ヴィトンを象徴するものに。

 

 

③船旅のエリア

lo7
20世紀初頭 ヨットの旅が増加して船旅で活躍するバッグが出てきました。

 

lo8
1901年 スティーマーバッグ

当時は船旅中に洗濯物を入れる鞄として売り出されていました。

 

 

④自動車旅のエリア

lo9
 

 

lo10
当時は車に屋根がついていなかったので人々は運転するときにゴーグルを着用していました。

 

lo11
1910年頃 モロッコ皮の婦人用フラットハンドバッグ

ゴーグルを仕舞うために開発された鞄です。

 

lo12
ピクニック・トランク

20世紀初頭 自動車旅でピクニックに行くのがブームになりました。

 

lo13
1932年 ノエ

ピクニックなどでシャンパンを運ぶために作られたバッグ

 

 

⑤空の旅のエリア

lo14
1930年代 旅客飛行機の登場で鞄は軽量化を求められるようになりました。

 

lo15
1930年頃 キーポル

当時は大型のトランクに折りたたんで収納し必要な時に補助バッグとして使用していました。

 

 

⑥鉄道の旅のエリア

lo16
コンパクトなバッグが展示れています。

 

日本にまつわる鞄

lo17
自由民権運動の指導者 板垣退助が愛用した名前入りのトランク

1883年 ヨーロッパを視察時に購入

日本人が買った現存する最も古いルイ・ヴィトン製品

 

lo18
ルイ・ヴィトン製の茶道具入れ

 

lo19
市川海老蔵さんがメイクをする時に使う化粧台

 

『旅するルイ・ヴィトン展』無料

6月19日(日)まで開催

 

*************************

◎その時代の流行に合わせて色々なバッグが生まれたんですね。

無料で展示を見られるのは嬉しいですね。

◎若い頃のルイ・ヴィトンが 郷ひろみさんの若い頃に似ていてビックリしました!(kyoko)

 - トレンド