気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン パン屋じゃないのに美味しい 隠れグルメパンとは?

   

6/14『あさチャン』パン屋じゃないのに美味しい 隠れグルメパン特集!

 

★東京・新宿『鷹丸(タカマル)鮮魚店 4号店』

san1
☆サバサンド 410円 一日限定15食

ふわっと揚げたサバの竜田揚げをマヨネーズを塗った食パンに挟んだもの。

食レポ

「サバがジューシー。サバの脂身とキャベツとパンが程よくマッチしている。」

お客さん

「量がちょうど良くて手作りだから美味しい。」

 

Q,なぜ魚屋さんでサンドイッチ?

A,日本で魚の需要が下がっているので手軽に食べていただきたいので。

 

 

★東京・台東区『蔵前いせや』 創業120年 老舗天ぷら屋

san2
☆天サンド 920円 (要予約)

海老天とイカのかき揚を食パンでそのままサンド

ゴマ油で揚げた天ぷらを秘伝のタレに潜らせ ホウレン草と一緒に味を纏めてくれるマスタードを塗った食パンで挟みます。

パンの外側は焼いてパリッと内側はタレが馴染むように焼かないのが美味しさの秘密。

 

お客さん

「旨い!」「ぷりぷり!」

 

Q,なぜ天ぷら屋でサンドイッチ?

A,揚げ過ぎた物を賄いで作ったのがきっかけ。

手が込んでいるので大変だけれど天サンドを食べてみてもらって天丼を食べてもらう作戦。

 

 

★東京・代官山『ヘンリーズバーガー』

A5ランクの高級黒毛和牛を一頭買いしている焼肉店

(一人あたりの平均予算は1万円を超える高級焼肉店)

東京・市谷『炭火焼肉なかはら』が去年オープンさせたお店です。

 

san3
☆ダブル 900円 (ハンバーガー)

超粗挽きにした黒毛和牛のスネ肉を使用

和牛の本当の美味しさを味わってもらうため つなぎは一切使っていません。

味付けも塩・コショウのみ。

 

高田馬場にあるパン屋『馬場FLAT』とバンズを共同開発しました。

 

食レポ

「噛んだ瞬間に肉汁がジュワッと出てくる。ゴロっとした肉。」

お客さんは

「焼肉屋さんがやっているハンバーガー屋さんなので 一味も二味も違う。」

「パンと肉のバランスが合っていて美味しい。」

 

Q,なぜ焼肉店でハンバーガー?

A,和牛をまるまる一頭買い込んで その中で焼肉に適さない部位が出てくるが とても美味しいので 何とか商品に変えたくて 手軽に食べられるハンバーガーにした。

 

 

★東京・築地『つきぢ松露』

san4
☆松露サンド 500円

お店自慢の出汁巻き卵をそのまま食パンで挟んだ卵サンド。

朝7時に出来立てを100個並べると約2時間で完売!

 

食レポ

「出汁がギュッと染みてふわふわ。」

 

出汁巻き卵は 元お寿司屋さんの看板メニュー

寿司ダネとしてシャリに合うように作られていた出汁巻き卵は お酢の入ったマヨネーズともシンプルな食パンとも相性がバツグン!

 

Q,なぜ老舗玉子焼店でサンドイッチ?

A,昔から賄いで食べていた。昼食をサッと済ませるためのアイデア。

 

***********************

◎どれも美味しそうだったけど全部厚みがあって宇垣アナがちょっと可哀想でした。

美人さんが大口開けてかぶりつかなくちゃいけないなんて。(kyoko)

 - トレンド, 食品