気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

琴奨菊 プロポーズは世界でたったひとつの手作り絵本 振分親方コメント

      2016/11/11

今日の『ビビット』は琴奨菊特集

昨年2月に婚約会見をした琴奨菊。

 

祐未さんは琴奨菊のことを

「笑顔がチャーミングでお相撲さんらしいお相撲さん。この方なら旦那さんにしたいと思いました。」

 

プロポーズは手作り絵本。

琴奨菊は「私自身イノシシみたいに突っ込んで行く方だから気持ちが伝わればなと思って。」

 

婚約会見では関係者から「要望を言ってもらえれば。」

カメラマン「じぁあキスですね。」と言われ

琴奨菊は「おかしいやろ。」と照れながらも祐未さんの頬にキス!

 

すると今回の優勝会見でも記者から

「ほっぺにキスするところをお願いします。」と注文され

琴奨菊は「おかしいでしょ。」と

結局祐未さんの方から琴奨菊の頬にキス。

 

奥様は父親の仕事の関係でスウェーデンなどに滞在経験があります。

そのため英語・ロシア語・スウェーデン語など4か国語を操ります。

知人の紹介で交際1年半で婚約をして今月30日(琴奨菊の誕生日)に結婚披露宴があります。

 

★世界でたったひとつの絵本でプロポーズ

自分で書き上げたストーリーが微笑ましいです。

☆自分の生い立ちから二人の出会いまでを描いています。

 

①地元・柳川のお殿様のところに、ある日どじょうが現れ相撲の強い琴奨菊を紹介。

 

②ライバルの豊ノ島も登場します。

切磋琢磨していました。

 

③ひいきにした琴奨菊が大関になるとお殿様は

ご褒美として「いいお嫁さんが見つかった。」と祐未さんを紹介。

 

④絵本の最後のページを捲ると中から婚約指輪が!

『ヴァンクリーフ&アーベル』の指輪を祐未さんに渡してプロポーズ。

 

○何て素敵なんでしょう。

スタジオの泉谷さんは「絵本かよと思うけどね。」と理解できない様子。

やっぱりオジサンには女心は分からないんですね。

 

★初優勝の秘訣は奥さんへのケーキ!?

これまでは負けた日はケーキを買って帰っていたが

結婚式を控えた祐未さんを

「太らせるわけにはいかない。」と頑張ったそうです。

 

★琴奨菊の優勝コメント

「一番支えてくれたのは祐未なので本当にいい恩返しというか 15日間通して自分の相撲をやり切ったら結果は出ると分かったので これからまた優勝できるように番付けがひとつ上があるので。」

 

2011年のインタビューでは

「やっぱり大関になることがおじいちゃんへの恩返しだと思って いつか褒めてもらえるようになりたい。」と言っていました。

 

○褒めてもらえることなく7年前に亡くなってしまったおじいちゃん。

家の庭に土俵を作って相撲を教えてくれたおじいちゃんに優勝報告が出来てなによりです。

 

★振分親方(高見盛)からコメント

「良かったですね。やっぱり相撲界っていうのは実力第一の世界ですから。

だからこそ強い力士が優勝するんだっていう意味では琴奨菊の優勝は喜ばしいことだと思っています。」

 

菊バウアーを注文された振分親方は

「あれをやるんですか。服のボタンとかバキンって外れることもあるんです。」と言いながら

ボタンを外して菊バウアーを見せてくれました。

そして「なんとなく微妙ですけど体が柔らかくなった気持ちがあります。」と。

 

○振分親方は本当に良い人ですね。

親方に菊バウアーをお願いするなんて失礼な記者だと私は思いましたけどね。

 

○モンゴル勢は強いけれど二場所連続優勝して横綱になって欲しいですね。

(kyoko)

 - スポーツ