気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

潜入!葬儀・仏事ビジネスに異変あり!? 国内初の『終活』見本市

   

昨年12月に東京ビッグサイト国内初の『終活』見本市がありました。

エンディング産業展2015』を『情報ライブ ミヤネ屋』が潜入レポート。

葬儀・埋葬・供養の業者200社が集結しました。

来場者は期間中合わせて2万2067人でした。

 

2兆円市場とも言われる葬儀ビジネスの最新事情とは?

○まず霊柩車

従来の宮型霊柩車は、ほぼ消滅状態です。

理由は死を連想させるからということ。

(当たり前のことに私はビックリです)

今ではオークションサイトに格安価格で出品されるという寂しい状況。

 

代わりに主流となったのは洋型タイプ。

見本市では

★最新洋型霊柩車 『ミツオカ リムジンタイプⅤ』が紹介されました。

特徴は

明るい旅立ちのイメージで室内はライトがたくさん付けられています。

 

素敵な棺

故人の趣味や人柄を感じさせる、ぬくもりのあるデザインで

棺全体に写真を取り入れたプリントをしたり様々なオーダーが可能になりました。

 

おくりたたみ

棺の中に敷きます。

人生最期の時を畳の上で・・・。

年間6万枚の売り上げがあります。

 

★斬新なデザインの骨壺

サッカーボー型や野球のボール型、ゴルフボール型など

 

埋葬スタイルも多様化

樹木葬や海洋散骨などありますが

去年12月から受付を開始したのは『月面葬』

ロケットで遺灰を月面に届けるサービスです。

来年、アメリカで打ち上げる予定です。

値段は120万円!! (1g)

どんな方から問い合わせがあるのかというと

エリジウムスペースの担当者は

「女性の方だと嫁ぎ先のお墓に入りたくないということで

そこからご家族の方を見守りたいと。」

〇そんな遠い所から見守るんですね。

私は寂しいと思いますけど。

 

お葬式の早割

500円で会員になり3年以内に亡くなると割引があるというシステム

〇早割というとイメージが悪いですが、急に亡くなってどうしようかと遺族が迷うことなく

葬儀社を決めていたら安心という、遺族に取っても葬儀社に取っても良いシステムみたいですね。

この会社は全国市立明朗料金、追加料金なし 年間2万件の葬儀を手掛けています。

今一番ニーズが多いのが『火葬式』

通夜も告別式も行わない『直葬』のことです。

 

お坊さん 宅配サービス

先月 amazonが始めました。

総額3万5000円で、全ての法事、法要 一律です。

僧侶への心付けなど一切不要。

今申し込みが殺到しています。

賛否両論ありますが、何をして良いか分からなかったら

いくらお金を払ったら良いか分からないので

ひとつの手段としてあっても良いと街の声でした。

 

〇世の中、色々変わっていきますね。

5年後、10年後は また驚くようなことになるのでしょうか。

 - トレンド, 社会