気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン 西部 佐藤勇投手に密着 夢見た初勝利 母と兄へ恩返し

   

5/25『あさチャン』西部ライオンズの佐藤勇投手(21歳)に密着しました。

昨日 プロ4年目で初勝利をあげた佐藤投手

sat1
 

★福島・西郷村生まれ 5人兄弟の末っ子

父・清治さんは佐藤投手が幼少期に病気のため他界

sat2
一緒に写っている唯一の写真

 

sat3
 

sat4
 

sat5
 

母・久江さんが家計を支えました。

少しでも稼げるようにと漬物工場で力仕事をしましたが苦しい家計でした。

母「私は何も買わない。何もいらないから 子供に少しでも買ってあげたい。」

 

貧しさから何度も折れそうになる心を支えたのは一通の手紙です。

sat6
『お母さん 毎日お仕事ごくろう様です。ぼくをうんでくれてありがとう。ぼくは五年にソフトに入ったけれど ものすごくがんばります。お母さんも一生けん命がんばってください。 五年四組 佐藤勇』

 

手紙を読み返したお母さんは

「優しい子だね。これを見た時は涙が止まらなかった。」と笑顔で涙ぐんでいました。

 

★小学5年 ソフトボールを始める

sat7
 

★中学3年 福島県地区代表に選出

sat8
県内の強豪高校から誘いを受けます。

 

sat10
苦しい生活は続き 家計を助けるため3人の兄は高校進学をせず中学卒業後すぐに働き始めました。

 

sat9
「自分だけ高校に進んでいいのだろうか?」と悩む佐藤投手の背中を押したのは兄でした。

 

*長男・和俊さん

「貧乏だったんですけど、お前は野球をやってるから(高校に)行けと。ウチらは正直 自分の夢が叶えられなかったので せめて弟だけは自分の夢に進めという気持ちで言いましたね。」

 

☆自分の夢を叶えることは佐藤投手が誓った恩返しでした。

 

★2012年7月 福島県大会

光南高校の3年生になった佐藤投手はエースとして最後の夏に挑みました。

スタンドには高校に進学させてくれた家族の姿が。

長男・和俊さん

「大きくなったなと思いますよね。あんな小さかったのが。」

三男・努さん

「周りに自慢したいくらいの・・・自慢の弟なんです。」

母・久江さん

「すごく格好良いです。自分の息子だけど格好良いです。」

 

*3試合連続2桁奪三振の活躍で福島県ベスト4に

当時の佐藤投手

「次は やっぱりプロに行って 1軍のマウンド上がって テレビ出て 皆に自分の頑張っている姿を見せられたらいいなと思いますね。」

 

★2012年10月 ドラフト会議

西部ライオンズ ドラフト5位で指名を受けました。

母も兄も大喜び

「(家から)居なくなると寂しくなるよね。勇がいたから ここまで私も元気で仕事を続けられることが出来るから、少しずつテレビ出て『あぁ出たわぁ』って感じで応援してあげたいね。」

 

★しかし厳しいプロの壁

本来のフォームを崩し一番の武器だったコントロームも影を潜め3年間の2軍暮らし。

来る日も来る日も地道なトレーニングを繰り返しました。

いつか訪れる1軍のマウンドを夢みて。

佐藤投手

「この4年間は色々挫折も味わいながら長い4年間だったと思うので初勝利を(家族に)プレゼントしたい気持ちもあるので恩返しですね。やっぱり。」

 

*ドラフトから1307日目の昨日、本拠地 西部ドーム

応援に駆け付けたのは長男の和俊さん

 

sat11
母と次男・昇さん、三男・努さんは実家で見守っています。

母「行きたいけど行けないから ここで応援するしかない。本当は行きたいわよ。」

 

5回を投げ抜いて無失点 勝利投手の権利を得ました。

そして試合終了、遂に初勝利を手にしました。

 

sat12
長男「何も出ないです。言葉がマジで。」と大喜び。

 

sat13
今日の勝利を「お母さんに伝えたい。」というインタビューを聞いた時のお母さん

 

 

*佐藤投手が母に初勝利を電話で報告

 

sat14
母「はいもしもし」

勇「もしもし」

母「ご苦労さま、お疲れさま」

勇「お疲れさま」

母「良かったね」

勇「うん」

母「まぁ体ゆっくり休ませな」

勇「後でボール届けに行くわ」

母「え~楽しみにしてるっちゃ」

勇「うん」

母「とにかく体ゆっくり休ませな」

勇「うん 分かった」

母「じゃぁね」

勇「は~い」

 

電話を切ったお母さん

「勇らしい。」

 

佐藤投手

「ちょっとずつ恩返ししていかないといけないなという思いがあるので まずは初勝利出来たのは良かったです。」

 

*************************

◎「勇らしい。」というお母さん。

ウイニングボールをくれる優しさについてなのか、電話であまり喋らないことについてなのか分かりませんが本当に良かったです。

◎お母さんは仕事と子育て大変だったと思いますが、私は3人の兄が自分達の夢を諦めて中卒で家族のため弟のために仕事を頑張った事に一番感動しました。

佐藤投手のことをお母さんは「格好良い。」と言っていましたが、お兄さん達もカッコいいですね!

(お姉さんが出てこないのは遠くにお嫁に行ってるんでしょうか?)(kyoko)

 - スポーツ