気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

売り切れ続出! 激うま魚スマ&進化系カマド 3時間待ち モリタク

   

『スマ』とは全身トロと言われる幻の高級魚のことです。

クロマグロの代替魚として注目を集めています。

『サタデープラス』で特集していました。

★魚のスマと進化系カマド

 

日本は世界のマグロの水上げ量の1/4を消費する世界最大の消費国です。

日本のミナミマグロの消費量は世界の約98%を占めています。

太平洋クロマグロの親魚の資源量は50年前に比べると1/7に。

そこでマグロの代替魚としてスマが注目を。

 

天然物はカツオに近い味ですが養殖すると脂がのりトロのような味に!

百貨店で1キロ約3,000円と高級マグロに匹敵です。

10分で完売しました。

 

○2012年、和歌山県がスマを人工的に産卵ふ化させ養殖し

1月16日、全国で初めて出荷に成功!

と思いきや

愛媛県でも4年前から大学と組んで『スマ』の養殖を勧めていました。

前日の1月15日に隣の百貨店で試験販売していました。

 

この事実に和歌山県の担当者は「初めて知りました。もちろん残念です。

引き続き良きライバルで頑張っていきたいです。」と苦笑い?

 

★次は進化系カマド

飯炊き仙人と呼ばれる 村嶋孟(むらしまつとむ)85歳のお店

『銀シャリ屋ゲコ亭』 大阪 堺市

日本全国からプロの料理人も集まるお店です。

○仙人の美味しいかまどご飯の炊き方

①アワビ・カキの殻・木炭と一緒に一晩汲み置きした水でお米を炊く

②弱火で6分 ➡ 強火で6分 ➡ 弱火で約5分半

③その間、釜を回し火加減を均等にする

蓋を回し吹きこぼれを防ぐ

そうすることで釜の内部に対流がおこりタキムラがなくなる。

ひとつぶひとつぶが、ふっくら炊き上がり、噛みしめるたびに甘さが。

 

仙人は中国政府から米大使として招待を受けました。

北京までマイかまどを持参して特設ステージでカマドご飯を炊きました。

中国の美食家180人が仙人のおむすびに殺到しました。

仙人「残りわずかなおにぎりを取り合いです!

食べ物に国境はありません

ラブ イズ ベスト! ライス イズ ベスト!」

 

炊き立てごはんが おかわりし放題なのは

 東部百貨店池袋本店 『大かまど飯 寅福』

お米は新潟長岡から毎日精米したコシヒカリが届きます。

白ご飯の他にも『選べる2種盛り定食 1580円』は

雑穀ご飯と牛とごぼうの炊き込みごはんから選べます。

白ごはんと炊き込みご飯を美味しくいただいていたニコニコ笑顔の主婦は

「よく味がしみてグー!」

リピーターだという若いママは最高4杯もおかわりしたことがあるとか。

 

★京都 祇園の『銀座米料亭』

3時間待ちの行列が出来ます。

自社開発の有田焼の釜で炊くのはブレンド米です。

単体の味よりもブレンドした方が美味しいそうです。

○米の品種による特徴を生かすため季節により産地や配合を変えています。

○『京のあんかけ親子丼』1410円

よりお米の味を感じるために親子丼の具は別の器に入っています。

○『今日の鯛茶漬け』1520円

「おこげもパリパリで美味しい。感動しました。」というお客さんも。

○『米ざんまい祇園コース』9050円

 

☆どれも美味しそうですね。

色んなお米を食べてみたくなりました。

 - トレンド, 食品