気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン 熊本バスケチーム 被災したファンに恩返し&存続の危機

   

5/13『あさチャン』熊本のバスケチームの恩返しと存続の危機

熊本市に拠点を置くプロバスケットチーム「Volters」(ヴォルターズ)を取材しました。

NBLナショナルバスケットボールリーグに所属し今年で3年目です。

ba2
地元の企業を多くスポンサーに掲げチーム密着型のプロチームです。

 

 

☆先月14日の地震でホームアリーナの益城町総合体育館が被害に遭いました。

ba3
6試合を残して後期のリーグ戦を終了しました。

 

☆熊本・益城町で選手達は おにぎりや温かい豚汁などの炊き出しをしていました。

ba1
 

握手や記念撮影にも笑顔で応えています。

 

ba4
*熊本県出身 高濱拓矢選手

 

ba5
*南アフリカ出身 チリジ・ネパウェ選手

赤ちゃんを抱いただけで場が沸きます。

 

*被災者は

「心の底から感謝しています。元気をいただきました。」

「インスタントばかりなので ちゃんとしたお味噌汁は凄く美味しくて 良かった~幸せ。」

 

 

☆ヴォルターズが事務所を構える『健軍商店街』も大きな被害が

アーケードの一部が壊れてスーパーが被災

 

*商店街に差し入れ

全国のバスケットチームやファンから届けられて来た飲み物を配っています。

商店の方「一か月経って疲れが出て来る頃。若い子が『頑張ってください』って来ると皆で頑張ろうと思います。」

 

 

*老人ホームに差し入れ

お年寄りに若いエネルギーが喜ばれています。

 

ba6
歓迎の舞 お婆ちゃん自ら盆踊りを踊ってくれました。

本当に嬉しそうですね。

 

ba7
兵庫県出身 松崎賢人選手

三度笠にスリーポイントシュートの無茶ぶりをされました。

 

ba8
長崎県出身 神原裕司選手

「まだまだ困っている人もたくさんいると思う。力仕事でも 普段鍛えている分 出来ることは多いと思うので手助けしていきたい。」

 

★千葉・船橋アリーナ

千葉ジェッツ VS トヨタ自動車アルバルク東京の試合がありました。

千葉のチームから招待を受けました。

 

チャリティーTシャツの販売と募金活動をしようというお誘いが。

ba9
バスケファンたちが行列でヴォルターズを迎えます。

Tシャツ販売枚数 1182枚。

募金と合わせて総額で約120万円の寄付をいただきました。

 

ba10
この日の白熱した試合を見つめるヴォルターズの選手達

 

*中国出身 遥天翼選手

「ファンの一喜一憂した歓声を浴びたくなる。バスケがしたい。」

 

*茨城県出身 高島一貴選手

「バスケしたいが一番。でも優先事項を考えたうえでの行動なので。」

 

◎二人とも真剣な表情で試合を観ていましたがインタビューには笑顔で応えてくれました。

 

 

★5/11 益城町でハーフコートマッチ

子供達の運動不足を考えて開催されました。

テニス場に特設リングを設置しました。

子ども達も選手達もテンションが上がります。

皆本当に良い笑顔でした。

 

ba12
女の子「地震がなかったみたいな感じの雰囲気になれて楽しかった。」

男の子「カッコ良かった。ヒーロー!」

 

★ヴォルターズ存続の危機

湯之上聡代表にインタビューしました。

 

クラブを当面運営する資金として3,000万円足りません。

*地元スポンサーが被災してるのでお願いしづらい。

*チケット収入も手に入らない。

◉5月分の選手の報酬の見通しが立っていません。

 

*熊本出身 小林慎太郎選手

ba11
「プレーするという決断をする方が難しい決断。必然的に選手を放出してしまうのは もうしようがないと思っている。でも僕はまだ希望は捨てたくないのが本心。」

 

☆選手たちは これまで応援してくれた地元に寄り添いたい残りたい気持ちと自分の生活のため移籍すべきなのか難しい選択を迫られています。

 

*************************

◎千葉のチームに招待を受けて募金活動を出来たのは良かったですが 元気なのに試合に出られないのは辛いですね。

観客席から試合を観る気持ちを考えると可哀想でたまりません。

地元でなくても新しいスポンサーが見つかることを願います。(kyoko)

 - スポーツ, 地域