気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

箱根駅伝 神野大地選手の祖母が熱い!

   

今朝『スッキリ』に箱根駅伝で優勝した青山学院の選手たちがスタジオに来ていました。

駅伝の様子を振り返りながら皆で楽しく語っていました。


その中で、キャプテンの神野大地選手の おばあ様がご自宅で応援していた様子も映し出されて

その熱い応援に驚きました。


テレビの直ぐ前で「大地~。大地~。」

「こっちにおいで。あ~ちゃんのところにおいで。」と

一生懸命手招きしています。

掌を上に向けて『come on!』のように指をクイクイと曲げています。

一番でゴールした時は大喜びしていました。


おばあ様は綺麗に髪をセットしてお化粧もキチンとしていて

まるで老舗の旅館の女将さんのように見えました。

調べてみると、大相撲では有名な方だったので納得です。


老舗鶏肉店『鳥孫商店』の4代目社長夫人。

『白鷺の姉御』と呼ばれる『磯部安江』さんでした。


大相撲名古屋場所を15日間全部観戦しているそうです。

花道の直ぐ側で観戦しているのでTV中継にもよく映っているんですね。


神野選手のお母さんは現地で応援されていました。

彼は昨年大腿骨を骨折したり右脛を疲労骨折したりで

2か月前には8位になり号泣していました。

メンバー皆に迷惑を掛けて申し訳ないと泣いていました。


お母さんは彼のそんな姿を見ていたので

彼が箱根駅伝に出場するとは思っていなかったそうです。


でも彼は「親は自分が箱根駅伝に出ることを望んでいると思っていたけど

そう言ってもらって気が楽になった。」と言っていました。


母親としては息子の頑張りを知っているので

箱根駅伝を走って良い結果を出して欲しいと言う気持ちは

当然あると思いますが、駅伝よりも息子の怪我の方が心配ですよね。


おばあ様も無事にゴール出来て安心していました。

家族皆に応援してもらって良い子に育ったんだなと思いました。

 - スポーツ