気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

酢しょうがで体の芯まで ぽっかぽか 冷え性改善 減塩 あさチャン

      2016/04/02

今大注目の『酢ショウガ

ダブル効果で体の芯までぽっかぽか

あさチャン』で特集していました。

 

すしょうが
 

★冷え改善や減塩にも 調味料として大活躍

ショウガを酢に漬けただけの『酢ショウガ』は

○サッパリしてショウガの辛みが出て美味しい。

○体も温まる

○休の日に作って置けば、パッと炒めて使える

まな板を使わなくて良い

○コクと旨味

 

★『酢ショウガ』を考案した 野菜研究家 庄司いずみさんは

「しょうがをそのまま食べても良いし味付けに使っても良いし

実も酢も全部使える万能な存在だと思います。」

 

★作り方は簡単

用意するのは『しょうが』と『酢』だけ。

①しょうがを丁寧に水洗いして水気を切る

②皮ごとスライスする

③保存容器に『しょうが』を入れ『酢』をひたひたになるまで入れたら

蓋をして冷蔵庫に一晩入れる。

一晩漬けるとしょうがの辛みが和らいで酢もまろやかになる。

③ピンク色になったら食べごろ

 

細切りにしても、みじん切りにしても、すりおろしでもOK!

薄切りの場合は冷蔵庫で2~3週間日持ちがします。

☆食べる目安は 一日に しょうが 20g・ 酢 大さじ2杯を数回に分けて摂取

 

****************************

追記 サタデープラスで紹介された作り方

◎しょうが 100g

◎黒酢 100cc

◎はちみつ 20g

作り方

①しょうがをみじん切りにして瓶へ入れる。

②酢を入れる。

③はちみつを入れて混ぜて1日漬けておく。

*1日 スプーン一杯(30g)食べるだけ。

 

***********************

あさチャンに戻ります。

★しょうがの効能に詳しい内科医の石原新菜先生は

「お酢の働きとしょうがの働きがダブルで血行を良くして体を温める効果があります。」と。

 

どのくらい体温があがるのか長年冷え性に悩む番組スタッフで調べてみました。

しょうが酢を飲む前はサーモグラフィーカメラで見ると手足は黄緑色です。

飲んで直ぐスタッフは

「いつも指先は冷えるのですが今は掌が温かい。」

飲んだ後、サーモグラフィーカメラで見ると手の他にも顔や首回りも赤くなっていました。

 

石原先生は「しょうがは体の中心から温まるので飲み終わってから10分から30分くらいで

全身の血行が良くなり温まってきます。

温め効果は大体2~3時間続きます。」

「しょうがとお酢には殺菌効果があり白血球を刺激する作用があります。

酢としょうがは風邪を引き易い時期にはとっても良い組み合わせです。

風やインフルエンザの予防にもなります。」とのこと。

 

○具だくさんのスープに刻んだ酢ショウガを入れるとコクと旨味がアップ

揚げ物との相性もバツグン

天ぷらの衣に刻んだ酢ショウガを入れて混ぜ合わせます。

酢は加熱すると酸味が飛び、いい風味だけが残ります。

 

★塩分を控えたい人にもお勧め

酢ショウガに豆乳、白味噌、マスタードを合わせるとマヨネーズ風になります。

刻んだキャベツにかけるとコールスローサラダに。

庄司さんは

「酢にショウガの風味が残っているので塩分控えめでも美味しいですし

オイルを入れなくても充分美味しくまろやかな味に仕上がります。

ショウガの風味とお酢の酸味で味が引き立つので

薄味でも美味しく仕上がります。

塩分を控えたい人にはお勧め。」

 

にらジンジャーチャーハン

酢ショウガとニンニクを一緒に火にかけ油に香りづけ。

ご飯を炒めて、にらと塩ひとつまみを入れて炒めます。

 

炒め物や炊き込みご飯、冷豆腐にかけて食べるのも美味しいと

紹介してくれる主婦もいました。

手軽に美味しく体に良い『酢ショウガ』

是非試してみたいです。

 - トレンド, 健康, 食品