気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

あさチャン 危険な仕事 しながわ水族館 温泉宿 後楽館 大噴泉

      2016/05/19

4/27『あさチャン』 GW前に観光地での危険なお仕事を取材していました。

 

しながわ水族館

料金 大人・高校生 1350円  小・中学生 600円

展示されている生き物は 450種・1万点

 

★水族館の裏側で行われる危険な お仕事とは サメの潜水清掃

sm1
シロワニ(ネズミザメ目 オオワニザメ科) 体長3m

 

サメマスター 瀬川裕啓さん

「ずばり危険ですね。前日は『やりたくないな』ってずっと考えています。」

 

sm5
*シャークスーツ(金属製の防護服)数百万円を着て水槽に入ります。

瀬川さん

「体が ちぎれたら死んじゃいますので。くっついていれば大丈夫だろうと。」

 

たった一人で巨大ザメの縄張りへ。

目の前には予測不能なシロワニが。

静かに通り過ぎるのを祈るばかりです。

 

sm4
サメの位置を確認しながら

床・ガラスを磨き 抜けた歯などを除去します。

 

sm2
その時に 2匹のシロワニに囲まれました。

 

sm3
水槽の上から3人のスタッフが 接近を許さないように網で壁を作ります。

 

掃除開始から1時間後

サメが急に暴れ出しました。

今度は真ん中低めにサメが泳いで来ました。

長時間の潜水で縄張りを荒らされていると感じたのか 巨大サメが攻撃態勢に。

 

sm6
バックする正面から興奮したシロワニが迫り来ています。

地上スタッフの援護で間一髪でサメの襲撃を免れました。

(番組ではこういう説明でしたが、観ている感じでは サメが凄く近づいて来ていましたが興奮した様子や口を開けて襲いかかるような様子は見受けられませんでした)

 

*清掃開始から1時間半で無事終了!

瀬川さん

「お客さんには綺麗な水槽を見せられるかなと思って。頑張ったかいがありました。」

 

 

★温泉宿の危険な お仕事とは 大噴泉の掃除

 

後楽館のご主人 竹節勝吉さん(49)

重さ15kg 長さ2mの鉄の棒(鉄槍のよう)

カナヅチを使って噴泉の掃除をします。

 

地獄谷大噴泉

地獄の底から噴いているような音がするので地獄谷と呼ばれています。

絶え間なく噴き上げるのは全国でも珍しく、国の天然記念物に指定されています。

 

熱くて近づけないのでサーモカメラで温度を測ると

sm7
赤は70度 白は100度 まさに地獄の熱泉

 

吹き出し口を覆う白い温泉成分を取り除きます。

sm8
カナヅチで叩くと割れてパイプが見えて来ました。

温泉の勢いが増し、弾丸のように破片が飛び散ります。

 

100度の熱泉を浴びながら鉄の槍でパイプのつまりを取り除きます。

sm9
手の温度は80度に。

何度も破片が飛び散ります。

番組の女性スタッフが「怖い 怖い 危険 危険!」と大変な様子。

 

エネルギーが大放出されて高く噴き上がります。

sm10
高さ3mほどだったものが 20m以上ある大噴泉に。

竹節さん

「結構すっきりするよ。これがあるのとないとじゃ風景が違う。」

 

*************************

◎サメの水槽の掃除はロボットで代用できないのでしょうか?

危険すぎます。

ストレスで寿命が縮んでしまいそうです。

◎噴泉の掃除も本当に危険ですよね。

慣れているんでしょうけど。

お二人とも大怪我をする前に改善した方が良いんじゃないでしょうか。

でも仕事に対するプロ意識は尊敬します!(kyoko)

 - 仕事, 動物, 地域, 観光地