気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

東福岡高に行ってみた 日本一の部活 朝練なしでも強過ぎる理由 スッキリ

      2016/02/06

東福岡高等学校は部活動がスーパー強い。

サッカー、ラグビー、バレー、ボクシング、書道、馬術、陸上が全国大会で優勝しています。

その強さの秘密を『スッキリ』が取材して来ました。

東福岡高
(画像は公式サイトより)

 

生徒数2580人 教員数180人 (男子校)

校舎に入ると廊下には全国大会の優勝旗を飾る専用棚がありました。

そしてビクトリーロードと呼ばれる20mの廊下の両側は

部活ごとに賞状やトロフィーを飾っています。

 

サッカーの長友佑都選手や読売ジャイアンツの村田修一選手

そして柔道部に所属していたタレントの佐々木健介など

さまざまな有名人がOBとして名を連ねています。

 

グラウンドは東京ドーム2枚の広さにラグビー、サッカー

ハンドボールが4面あります。

全面人工芝(ドイツのバイエルン・ミュンヘンが使う最先端の芝)を

輸入して使用しているので生徒の怪我が激減しました。

体育館にはトレーニングルーム、ボクシングのリングもあります。

 

★運動部も例外なし! 教育方針は文武両道

意外にも『朝練』を認めていません。

松原功校長は「部活動をやっているからといって特別扱い・特別待遇をすることはありません。

文武両道は大変きついし、厳しいけれども、それを追求する姿勢は失ってはならない。」

成績が悪いと練習・試合禁止です。

 

難関大学現役合格を目指しています。

『特進英数コース』 難関国立大への現役合格

『特進コース』   国公立・難関私立大への現役合格

『進学コース』   大学への現役コース

『中高一貫コース』

スポーツに特化したコースはありません。

 

☆止まらない食欲

学食では生徒達であふれかえっていました。

そして皆さん二人前を食べていました。

 

★男子校だから女の子の目を気にしない!

生徒にこの学校のいいところを訊くと「何も気にせず生活出来る。」

「気をつかわなくていい。楽。ヤバイっす。」

「クラスは男ばかりなので遠慮することなくズバズバ言えたりする感じ。

スポーツ面でも男子ばかりの方がいい刺激になる。」

気を使わずに本気で部活や勉強に打ち込める。

 

サッカー部では

現在3年生が抜けても1,2年生だけで220人。

全校生徒の10人に1人がサッカー部。

でも退部者は殆どいません。

その理由は

コーチ「今の2年生は初心者で入って来た人がいっぱいだった。

そういう子でも必ずボールを使って練習させる。

うちは球拾いはいない。」

多くの選手が試合に出られるようにしている。

120人が公式戦に関われる。

『プレミアリーグ』『県リーグ1部』『県リーグ2部』『県リーグ3部』

それぞれ30人ずつが公式戦に出られます。

 

★あのトリックプレーは実はマネだった

インターハイの準決勝で立正大淞南と対戦して自分たちがあのフリーキックをやられて

自分も全く見えなくて絶対に使えるなと思ったそうです。

そしてチームでこの技をチームで研究し決勝で決めました。

 

★強さの理由は生徒同士が互いに刺激!

去年初の日本一になったバレー部では

「サッカー部やラグビー部が優勝したりして負けていられないと思います。

自分のクラスにサッカー部のレギュラーメンバーもいるので

話を聞いたりしていい刺激になります。」

相乗効果で強すぎる部活動になっています。

 

○東福岡高の強さは整った設備と教師や家族などの環境、本人の根性だと思っていましたが

男子校で集中して取り組めることと刺激を与えあう相乗効果だと分かりました。

朝練が無く球拾いもなく皆が笑顔で学校生活を送っているのを見て安心しました。

 - スポーツ, 地域