気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

ダウンタウン ハシゴ酒 プロスキーヤー 命知らずの三浦雄一郎

      2016/04/16

4/15ダウンタウンなう『本音でハシゴ酒 in 恵比寿』

ゲストは80歳でエベレストを登頂したプロスキーヤーの三浦雄一郎氏。

 

≪命知らずの冒険≫

★1962年(当時28歳) 青森県・八甲田山

a1
スキーでバスの上をジャンプ

 

★1964年(当時30歳)

滑降スピード世界記録を樹立!

172.084km / h

直後に転倒してスキー板が折れましたが無事でした。

 

★1966年(当時32歳

富士山直滑降

a2
スキーでパラシュートを使ったのは三浦氏が世界で初めてで、山の斜面でパラシュートを開くこの映像が後にパラグライダーの開発に大きく貢献したそうです。

 

恐怖心は無いのかと訊いたところ

「恐怖心が無いと言ったら嘘だけれども怖がってたら腰が引けてダメだ。」

 

★2013年(当時80歳)

エベレスト登頂

 

☆5,500m アイスホール

a3
「人が死ぬとこなんです。」とアッサリ説明していました。

 

☆6500m

「面白半分、遊園地のつもりで楽しんで遊んでいました。」

 

*随所でメディカルチェック

 

☆7980m デスゾーン

酸素濃度は地上の30% 体感温度はー30℃

 

☆8500m

お茶会で遠征自体を楽しむ。

一歩間違えれば滑落する道

 

☆8848m 頂上

a4
地球上で一番高い所から見た景色

 

◉登山の時はお酒は我慢

空気が薄いので10倍くらい効いてしまうとか。

エベレストの頂上から流れて来た氷河。

5,000年~8,000年くらい経っている氷。

それでハイボールを作るとプチプチと音がするそうで5,000年前の空気を感じるなんてロマンがありますね。

 

◉みんな(登山を)止めないんですか?

止めてもまたやる。

75歳でエベレストに登って帰って来た成田で、娘さんに「お父さん、ご苦労様。」と言われて「80歳でもう一回登る!」

「家族会議を開くのでその決定に従ってもらいたい。」と言われ、家族会議を開かれたなら止められるのは分かっているので、家出をしようと思ったとか。

発想が凄いですね!

「家出してチベットか何処かに潜り込んで、そこで暮らしながら・・。」

 

◉何のために登るんですか?

感動があるよ。

登りながら宇宙に行けるんじゃないか。

一歩一歩に全部感動がある。

 

◉恐怖って一種の麻薬みたいなものなんですか?

脳内にはそういうものは出てますね。

恐いとか死ぬとか一切ない。

 

 

*ネパールのシェルパ族は一生お風呂に入らない(お風呂がない)

三浦さん達も標高5350mでベースキャンプをする時に1か月半、お風呂に入れません。

お風呂がないので気温ー3℃の中、タオルで体を拭きます。

 

*下山は登るよりも危険

頂上へ登るために体力を使い果たします。

下りは一歩踏み込んだら体重の5倍~7倍。

体勢が崩れたらド~ンと落ちる。

 

途中で亡くなっている人が氷の壁にぶら下がっていたことも。

避けながら跨ぎながら。

 

◉病気をしない方なんですか?

心臓手術を7回やってる。

80歳でエベレストに登る2か月前にも心臓手術をしました。

 

★1977年(当時44歳)

南極で雪崩事故

快調に滑っていた時に雪崩に遭いました。

a5
この直後に後ろから雪崩が・・

 

雪崩は時速300kmを超えることも。

その中をグルグル回りながらスキー板を付けたままボ~ンと雪崩の上に飛び出して浮かんでいた。

運よく骨折も何もなかったそうです。

 

雪崩に巻き込まれながら「これで助かったらこんな贅沢な人生は無い。」と思った後に気を失っていた。

気が付いたらポカーンと浮かんでいた。

「アンタもう一回、人間やりなさい。」と神様、仏様が拾い上げてくれた。

 

◉83歳驚異のトレーニング

a8
両足で4kgの靴、両足首で6kgのウエイトを付けて20kgのリュックを背負い、多い時は10km歩きます。

(片足2kgの靴、片足首3kg)

 

専用のトレーニングルーム

低酸素ルーム

目標とする標高に合わせて酸素濃度を設定できます。

運動しながら体を慣らします。

エベレストの挑む時は3か月かけて身体を作ります。

 

◉85歳で チョ・オユー(8201m)をスキーで滑りたい。

ネパールと中国チベット自治区にまたがる世界で6番目に高い山。

 

◉90歳で もう一度エベレストに登頂したい。

 

◉父・三浦敬三

a7
99歳でモンブラン(標高4810m)をスキーで滑りました。

 

**********************

◎とてもパワフルな三浦雄一郎氏。

私は以前TVの特集を観てお父さまの敬三氏に憧れていました。

99歳で一人暮らしをされていて自炊もされていました。

そして毎日筋トレをして毎日スキー板にワックスがけ。

 

99歳の時に4世代でモンブランをスキーで滑る計画を立てていたのに曾孫がまだ中学生だったので許可が下りずに3世代で滑りました。

99歳で許可が下りるのに中学生ではダメなんて凄く残念でした。

雄一郎氏が85歳になったら、きっと息子さんやお孫さんが一緒に滑るんでしょうね。

楽しみです。(kyoko)

 - スポーツ