気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

シューイチまじ☆すか 中丸君が進化したビジュアルポイを披露!

   

3/13『シューイチ』の中丸君のコーナー『まじ☆すか』

パフォーマンスアート『ビジュアルポイ』を中丸君が調査・練習・披露をしました。

中丸君はタッキー&翼のバックで『ポイ』を使って踊った経験があるということ。

少し安心して調査に向かったのですが、そこで見たのは中丸君の知っているポイとは違っていました。

 

★ビジュアルポイ

最近できたこのポイはスティック状になっていて中にLEDの粒が入っています。

FullSizeRender (531)
これを高速で点滅させて色々な絵を出します。

ポイを振り回すことでプログラミングされた絵が残像として映し出されます。

FullSizeRender (525)
FullSizeRender (526)
 

今日はブログでお伝え出来ないなぁと思いながら観ていました。

ジャニーズの画像は使えないので言葉では伝え難いです。

でも珍しくて綺麗なのでブログに書きます。

先生の画像を使いながら書いて行きます。

上手く伝わるといいなぁ。

 

★ポイアーティストの Yutaさんに教えていただきました。

中丸君は3時間後にお客さんの前で披露するということです。

中丸君の意気込みは

「巷でファンの方にボイパの中丸って言われることもあるんですけど、この一回でポイの中丸って言われるくらい。」

 

いよいよ練習です。

基本の練習は普通のポイで。

これは中丸君が10年くらい前に使っていたものと同じ形です。

 

10年前の記憶を思い出してやってみると本当に上手に出来ていました。

先生からも「キレイ キレイ。」とお褒めの言葉が。

*ポイは左右バラバラに動くので平行に回さないといけない。

中丸君は既に基本が出来ている。

 

★初級編 キャリーターン&スプリットタイムキャリーターン

前回しから後ろ回しに、ふたつの回し方が出来ると繋げてターンが出来る。

前から、後ろ回し。後ろ回しから前回し。前回しは下に。

FullSizeRender (527)
Yutaさん

 

*前回しの時は両手でゴルフボールを打つイメージ

◉中丸君は一度で出来ました!! 流石です。

先生から「凄い、一回で出来た。素晴らしい、素晴らしい。」と拍手が!

 

*後ろ回しの時は右側のキャンパスに両手で虹を描くように。

 

*左右バラバラに回しながらターンする。

 

◉中丸君、これも難なくクリア

先生「そうそう完璧、完璧です。素晴らしい。」

 

★中級編 2ビートウィーブ

今までは右手は右側、左手は左側で回していましたが今度は交差させます。

次は左右の手を交差させながら前向きに回す。

中丸君、今度も上手に出来ています。

先生「かなり綺麗に通っているので全然ぶつかる気配はないです。」

後ろ向きも綺麗に出来ていました。

中丸君も「いけるかも知れない。」と喜んでいます。

 

★上級編 3ビートウィーブ

*交差させる腕を上下入れ替えながら3ビートのリズムで回す。

FullSizeRender (528)
先生が回すと簡単そうに見えるけれどかなり難しい3ビート。

 

さすがの中丸君も悪戦苦闘。

ポイが何度も体に当たって痛そうです。

カメラの存在も忘れ、額には汗びっしょり。

ひたすら練習し続けて1時間、ついにマスター!

先生「素晴らしい!」と拍手!!

 

★ここから本番用のビジュアルポイで練習

ワンセット20万円と聞いて驚く中丸君。

早速回してみた中丸君は

「棒状だから先端に重みがない感じがします。」

 

感覚の違いに戸惑いつつもひたすら練習。

LEDライトを付けて本番の振り付けを確認します。

中丸君

「やっぱり鬼門は3ビートですね。

間違えちゃいけないのが回転の向き。

(文字が逆になってしまう)」

 

そして意気込みは

「出て中途半端にやるのが一番よくないですから。

もうじゃあ辞めろってことですから。」

 

★ららぽーと豊洲にある屋外ステージで披露

寒い中 待ってくれていた観客の前で中丸君は

「温かい目で観ていただければ嬉しく思います。よろしくお願いします。」

見事な演技で会場は盛り上がっていました。

途中でシューイチオリジナルのグラフィックが浮かび上がります。

『まじっすか』の文字が見事に浮かび上がります。

 

観客から拍手を浴びて無事終了!

「めっちゃ緊張しました。」という中丸君。

達成感が出ている笑顔が素敵です!

 

ところでライブで観ている人は感動したようですがTVではあまり分かりませんでした。

私だけかと思っていたらシャッタースピードの関係で分かり辛かったそうです。

スタジオでは どういうグラフィックが浮かびあがっていたのか教えてくれました。

 

FullSizeRender (530)
ステージが終わった後です。

 

FullSizeRender (529)
シューイチ君や レギュラーメンバーの顔写真まで浮かび上がっていたんですね。

『まじすか』も顔写真もTVでは分かりませんでした。

シューイチ君だけ分かりました。

 

たった3時間の練習でマスターした中丸君にスタジオでは皆が褒めていました。

中丸君は

「デジタル系は色んなショーに取り入れられるのが早い。

これから見る機会が増えるかもしれない。

KAT-TUNは是非パクリたい。」

 

**************************

◎ビジュアルポイはTVで観てもダメですね。 ライブじゃないと。

中丸君の言うように これから色々なショーで観られる日も近いと思いました。

(kyoko)

 - トレンド, 芸能