気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

奇跡のジーンズ 津波に流されても無傷な縫製技術 あさチャン

      2016/03/02

ジーンズ専門縫製会社『オイカワデニム』の奇跡のジーンズを

あさチャンが取材しました。

FullSizeRender (419)
 

★有名セレクトショップ『SHIPS』(全国84店舗)

◎SELVADGE 5PKT H.FADE DNM PT  1万5000円

バイヤーは

「日本の中でも有数の縫製技術力を持った工場なので

SHIPSのオリジナル商品だが『オイカワデニム』さんという名前も

商品に入れている。」と言います。

 

★メンズファッションブランド『KURO』

◎GRAPHITE(CLASSIC)VINTAGE WASH 02   2万1000円

デザイナーは

「他社と比べても歴然として縫製の技術の差がある。

普通に真っすぐに縫うのもそうだけれどブレがない。」

この会社に縫製を依頼することが商品価値を高めることになる。

 

宮城県気仙沼にあるジーンズ縫製会社『オイカワデニム』は

23人のスタッフが丁寧にジーンズを仕立てています。

 

人気ブランドとのコラボレーション商品作りで大忙しですが

本業はオリジナルジーンズの開発です。

 

及川常務が履いているのは『メカジキジーンズ』2万6784円

この生地は消臭効果があると言われているメカジキの角を繊維に織り込んでいます。

常務はジーンズを毎日履いて色の落ち方や

どこかに不具合が出ないかなど自分で体験しているそうです。

 

オイカワデニムの代表ジーンズは

2005年に完成した『STUDIO ZERO』 2万6000円

 

オイカワデニムのこだわり①

生地は特注品色落ちした時の風合いを計算。

岡山や広島で色落ちした時に綺麗な水色になるように織ってもらっている。

 

オイカワデニムのこだわり②

強度の高い麻糸を使用。

麻糸は水を含むと強度が60%増す。

麻糸はミシン針の動きを妨げミシンを壊してしまうため

通常の縫製工場では綿や化繊を使うのが基本。

*麻糸に耐えられるミシンを独自に開発しました。

 

☆オイカワデニムのこだわり③

ベルトの部分は何層も織り込み耐久性をアップ。

 

☆オイカワデニムのこだわり④

ポケットの内側は破れにくい高密度の生地を使用。

 

*バックポケットにはジーンズ作りの初心を忘れないように

STUDIO ZEROの『Z』をあしらっています。

高額ですが多くの芸能人やスポーツ選手が愛用したことから

口コミで広がり大人気に。

 

◎コシノミチコとコラボレーションしたことから

オイカワデニムの名前は世界中に広がりました。

 

★2011年 震災により倉庫が津波に飲まれ

5000本のジーンズや特製のミシンが流されました。

被害総額は4億円以上。

自宅も事務所も倉庫も旧工場も無くなりました。

 

その時、高台の工場に避難して来た漁師さん達から

「電気は俺らが作るから復興の音をここ気仙沼の

一番南の玄関口から立ててください。

そのあとに俺たちが続くから。」と言葉をいただきました。

 

2011年4月4日 ジーンズ作り再開。

 

★再開後、津波に流されたはずのジーンズが見つかりました。

また更に1年半後、津波に流されたジーンズが見つかりました。

陸に乗り上げた船の側です。

FullSizeRender (417)
津波に20キロ流され、ヘドロまみれになったジーンズ。

漁船の重油に浸りタグに油のシミが。

FullSizeRender (418)
 

でもジーンズ自体には一か所も綻びがありませんでした。

常務

「1か月、2か月ではなくて1年半後に出て来たのは嬉しかった。

破損もなく出て来たことは自分たちの自信に繋がった。」

 

ショッピングサイト 藤巻百貨店

2014年 STUDIO ZERO 販売開始

代表取締役

「色々なところのを持っているが、履き心地が良くて一押し。

オイカワさんは日本人にあまり知られていないので

サイトを通じてお伝えしたい。」

 

*****************************

◎こだわりを持って丁寧に作られたオイカワデニムのジーンズ。

高いけれど手放さない履き心地なんでしょうね。(kyoko)

 - トレンド, 地域, 生活