気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

ぎっくり腰すぐ出来る危険度チェックと改善法 サタデープラス 痛み和らげも

   

『サタデープラス』で、簡単に出来る、ぎっくり腰の危険度チェックと

バスタオルで出来る腰痛改善法、痛みを和らげる方法を教えてくれました。

 

≪ぎっくり腰危険度チェック≫

①床に足を伸ばして座り力を抜く。

②この時につま先の角度に注目。

*左右の足で角度に差があれば要注意!

 

スタジオで危険度チェックをしました。

○水野真紀:7年前に一度ぎっくり腰の経験あり

☆左右対称の25度ずつでした。

*良い状態です。

 

FullSizeRender (353)
○小島瑠璃子:ぎっくり腰の経験なし

☆右が50度、左が35度。

*ぎっくり腰になる可能性が高い。

 

◎左右の差が5度でも良くない。

身体の左右のバランスが崩れている証拠。

要である腰に負担が掛かって筋肉が凝り固まる。

 

左右があまり開いていても腰の痛みを代償するために

開き過ぎの場合がある。

閉じている場合も股関節が悪い場合がある。

通常は40度くらいが良い。

 

≪バスタオル腰トレで ぎっくり腰予防&腰痛改善≫

バスタオルを2回折り、それを三つ折りに。

それを半分に折り、厚さ8cmくらいにする。

 

FullSizeRender (354)
①バスタオルを腰の下に当てて仰向けに寝る。

②力を抜いて左右に体を向ける。

(腰をタオルから左右に落とすという表現をしていました)

 

*腰回りの筋肉をほぐすことが出来る。

*指圧では届かないインナーマッスルまで効果が。

 

≪ぎっくり腰の痛みを和らげる方法≫

○痛い方の足の薬指の根元を掴みながら引っ張る。

*足の薬指まで伸びた坐骨神経を気持ちよく刺激する。

⇒神経が落ち着き痛みが和らぐ。

 

**********************

◎本当に何気ない動作で、ぎっくり腰になってしまうので

気をつけたいですね。(kyoko)

 - 健康, 芸能