気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

謎の回転草が民家を覆う 話題の最先端の椅子 システムは? スッキリ

   

謎の回転草が民家を覆うニュース。

そして手を叩くと自動で定位置に戻る最先端の椅子が

今週初めから話題になっていますね。

その仕組みを『スッキリ』が取材してくれました。

(先日『あさチャン』で動画だけを観て気になっていました)

 

FullSizeRender (343)

今週月曜日に動画が投稿されて

4日間で約250万回も再生されました。

海外のメディアからも取材が殺到しているそうです。

 

≪最先端の椅子のシステム≫

○ローラー内臓で360℃移動できる。

○元に戻る場所をシステムに記憶させている。

○天井の4隅にカメラのセンサーがあり

常に椅子の現在地を特定している。

 

○手を叩くとセンサーが反応して椅子を探す。

○椅子を見つけるとセンサーが現在地を伝達する。

○元の場所に戻るように伝達すると一斉に戻って行く。

 

★日産自動車が開発 何故?

きっかけは自動車の最先端技術。

○駐車場所を設定すると自動でハンドルを操作してくれる。

このシステムを利用。

 

☆何故椅子を開発したのか?

車を運転しない人にも、こういう技術なら、こんなに便利だと

楽しく知ってもらうためだということでした。

 

☆手を叩くという合図以外でも動くことが出来ます。

今回は手を叩くという合図でしたが

照明を消したり、何かを見せたりという合図でも動くことが出来ます。

 

☆本日2/19から5日間、開催される展示会に登場します。

(横浜市日産グローバル本社)

*試作品なので販売予定はありません。

 

************************

オーストラリアのビクトリア州で

民家を包み込む綿毛のようなモノが大量に発生しています。

『スッキリ』で紹介していました。

FullSizeRender (341)
その綿毛は成人男性がスッポリ入ってしまうほどです。

テラスや庭、車庫の中にまで入り込んでいます。

家を覆いつくす謎の物体のおかげで車を出すのも大変。

 

住民は

「外にはテーブルと椅子があるが使えない。

昼寝用のベッドもあるのに。」

 

そして驚くことに「昨日8時間も掃除をした。」ということ。

ごみ屋敷ではないということ。

掃除をしても、また現れる謎の物体とは?

 

近くに放牧地があり、『回転草』と呼ばれる草でした。

回転草:乾燥した地域に生息する。

枯れると茎が折れ、種を付けたまま風に吹かれて転がる。

 

2、3年前から、この地域で見られるようになりました。

今年は特に乾燥が酷いため大量に発生したそうです。

 

住民は「イライラする。まだ何時間も除去作業しなければ。」

この地域、20軒ほどが被害にあっています。

 

*************************

◎最先端の椅子、人が座っていても自動で動くそうです。

実際には会議室などで必要ないけれど

工場などで色々と利用出来そうなシステムですね。

 

◎回転草、有り得ないです。

ストレスが凄いと思います。

行政の対策はないのでしょうか? (kyoko)

 - トレンド, 地域, 社会