気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

ドローン世界大会 日本選考会 ポイントはスピードと映像 めざまし

   

ドローン世界大会の日本選考会が行われました。

賞金総額は100万ドル(約1億1300万円)です。

日本代表を目指して今回参加したパイロットは16人。

 

1周約200mのコースを5周して時間を計測します。

真ん中のゲートをくぐったら直ぐに迎える

180度のヘアピンカーブが難所です。

 

そしてスピードだけでなくドローンの撮影した映像がポイントです。

 

★優勝候補 高橋享さん

チーム『Hitec FPV Japan』

FullSizeRender (295)
ゴーグルを着けて操作します。

ゴーグルの中はドローンカメラの映像が映し出されているということです。

高橋さんのドローンは滑らかな動きで飛んでいきます。

ゲートを難なく潜り抜け速いスピードで気持ち良く飛んでいます。

 

タイムは1分50秒

 

★ドローン芸人 谷+1。

チーム『ナベプロ 谷+1。』

FullSizeRender (296)
スタートと同時に床に激突してしまいました。

何とか立て直しゲートを潜った後、前方のネットに引っかかってしまいました。

チーム3名で力を合わせてネットから救助を試みましたが

残念ながら救助出来ず記録なしとなりました。

 

★山崎英紀さん テレビカメラマン

チーム『ザキヤマ』

 

『めざましテレビ』でも過去にドローン撮影を行ったことがあります。

スタート直後は安定していましたが

途中でぶつかってしまい不安定に。

FullSizeRender (297)
カーブを曲がり切ったところでバスケットゴールにぶつかってしまい

何とゴールネットの中に入ってしまいました。

FullSizeRender (301)
ゴ~~~ル!!

ナイスシュートでしたが記録なしとなりました。

 

その他のチームもクラッシュが続出です。

 

★高梨智樹さん(17)高校2年 最年少

チーム『FPV Robotics』

FullSizeRender (298)
カーブやゲートを綺麗に通過して行きました。

最終コーナーを旋回して見事ゴール!

タイムは1分35秒です。

 

FullSizeRender (299)
 

高梨さんは今回の大会で1位になりましたが

世界大会に行けるかどうかはまだ分かりません。

今回のドローン搭載カメラの映像を世界大会の本部に提出して

スピードとスムーズな機体操作などを審査してクリアすると

世界大会に行けます。

 

*******************

◎色々と問題もあるドローンですが

操縦するのは本当に楽しそうですね。

観ているだけでワクワクします。

高梨君のドローンを世界大会でも見たいです。(kyoko)

 - スポーツ, トレンド