気になるあの人 あのこと

リアルタイムでTVを観られなかった あなたのために

東大推薦入試 合格者を大量に輩出したAO義塾 塾長が凄い ビビット

      2016/02/12

東大の推薦入試が今回初めて行われ、昨日合格者発表があり

推薦入試173人出願に対して77人が合格しました。

書類選考・面接・大学センター試験の成績も考慮しています。

 

合格者77人の内、13人が同じ塾から合格しました。

この塾は6人に1人の割合で合格者を出したことになります。

「自分でも信じられなかったけれど、親からおめでとうメールが来て

やっと現実味がありました。」

「お兄ちゃんと握手して抱きあって『おお~っ』しか言ってなかった。」

 

勉強時間は皆さん平均で約3時間でした。

通常の受験生の勉強時間は8時間なので随分少ないです。

 

◎この塾が大量に合格者を出した3つの秘密

FullSizeRender (240)
(画像は斎木陽平塾長)

①ユニークな学生の経歴

塾長の斎木陽平さんに学生の経歴を訊いてみました。

「英検1級・物理や生物オリンピックのメダリスト

留学経験があるとか、その人にしかないユニークな

原体験が評価されたのではないか。」

 

その中の1人、工学部に合格した村松海渡(かいと)さん。

自宅にはトロフィーや表彰状がいっぱいです。

5歳からピアノを習い始め多くのコンテストで優勝。

 

演奏中に肘を痛めた経験を元に

『握力がつかさどる筋肉』と『鍵盤を連打するスピード』の関係

弾き方によって邪魔になる筋肉など、スポーツ科学に用いられている

知識を音楽の世界にも応用させていきたいと話しています。

 

②塾長の斎木さんに秘密が

2010年に塾を創設した斎木さんは現在23歳。

現役大学生だった18歳から塾長を務めています。

斎木さんはAO入試に強い思いがあります。

 

「AO入試を受けると言ったら教頭先生に反対された。

私立文系慶応大学の法学部を受けること自体に反対された。」

一芸入学とも言われイメージの良くなかったAO入試。

学校に反対されたが両親の応援もあり政治家を志し

慶応大学法学部をAO入試で受験しました。

 

見事合格した斎木さんはAO入試で何か出来るかも知れないと

18歳で起業、220人の生徒を抱える塾へと成長しました。

 

③優秀な学生が集まるもうひとつの理由がSNSの活用。

HPの他、Facebookなどインターネットで生徒を募集。

評判が口コミで広がっていきました。

優秀な生徒が新たな優秀な生徒を呼んでくるようになります。

時代に合わせ様々なシーンで学生の心を掴む斎木さん。

 

斎木さんは今後の大学入試について

「成績で選ばれたんじゃなくて自分の思いで選んでもらった。

自分の思いをどうするのかちゃんと考えないといけない。

そういう入試がもっと広がっていってもいいんじゃないか。」

 

◎東大レベルになるとAO入試がどうこうではなくて

優秀な人材が集まるんだなと思いました。

そして18歳で塾を創設した斎木塾長が凄い。

私なら、まずどこかの塾の講師になって

経験を積んでからと考えそうです。

優秀な人の考えることは違います。(kyoko)

 - 文化人